再生可能エネルギーを中心とした新興産業情報マガジン

再生可能エネルギーを中心とした新興産業情報マガジン
企業取材

変化をもたらすバナジウム:アブトレイ、新しい蓄電システムを日本で導入し、バナジウムを切り拓く

2024年02月07日   808

変化をもたらすバナジウム:アブトレイ、新しい蓄電システムを日本で導入し、バナジウムを切り拓く

 

 本日は、アブトレイ・エナジー・テクノロジー(蘇州)有限公司の社長である馮勇氏にお話を伺う。エネルギー貯蔵分野の専門家として、馮勇氏は豊富な経験を持つだけでなく、卓越した成果を収めています。彼は中国初のHIT電池生産ラインの創始者であり、国電グループの太陽光発電研究所の設立に大きく貢献し、ガリウムヒ素太陽電池*(GaAsHPV)、電池エネルギー貯蔵、スーパーキャパシタ貯蔵などの分野に対する深い研究成果と独自の見識を持っています。

 

 技術に対する鋭い洞察力と前向きな思考を持つ馮勇氏は、長年エネルギー貯蔵産業に従事し、最終的にアブトレイ・エナジー・テクノロジー(蘇州)有限公司を設立した。同社はバナジウムフロー電池エネルギー貯蔵技術の研究、開発、普及、応用に力を入れており、長時間の蓄電技術の産業化を通じて、新しい電力システムの構築に強力なパワーを注入することに専念している。

 

 アブトレイ社のコアチームは、長時間の蓄電分野での分野で豊富な経験を持ち、10年以上の研鑽を経て、業界で重要な存在となっています。同社は、独自の知的財産権を持つ製品と新素材の研究、開発、生産に尽力し、エネルギー構造の転換とアップグレードを促進し、持続可能な未来の構築に貢献しています。

 

 私たちのインタビューにお答えいただき、誠にありがとうございます。以下は、インタビューの詳細です:

 

エナビズ:早速ではありますが、御社のことを教えていただけますか?

アブトレイ社:

 アブトレイ・エナジー・テクノロジー(蘇州)は、バナジウムフロー電池の研究、開発、生産、販売、およびシステム統合に特化しています。 同社の中核チームは、10年以上バナジウムフロー電池の分野に携わっており、バナジウムフロー電池の発明者であるニューサウスウェールズ大学のマリア教授と密接に研究し、実験室での特許から工学的、商業的に応用された製品、システムへと技術を転換させることに成功しています。 弊社は産業チェーン全体の技術を有し、研究開発に継続的に投資しています。過去10年間で、弊社は電池スタックハイブリッド密閉技術、低流量抵抗の流路と配管設計、新しい電極とバイポーラプレート材料技術、自己放電の総合的技術などを含む高度な技術壁を築いてきました。現在同社は、300MWhの年間生産能力を有し、2024年までに1GWhまで生産能力を拡大する予定です。同社は、中国の長江デルタの中核地域である蘇州市呉江に位置し、豊富な人材、便利な交通アクセスを持ち、2つの国際貿易港に近接しています。 欧米との多くのパイプを通じて協力意向協定を結んでおり、今後2~3年で全バナジウムフロー電池の分野で世界的に有名なイノベーター及び、専門サプライヤーになることを期待し、世界中の消費者に安全で効率的、かつ費用対効果の高い長期エネルギー蓄電製品とソリューションを提供できると考えております。

 

エナビズ:御社の現地市場における各部門の強みと課題は何ですか?

アブトレイ社:

 現在、当社は中国、日本、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア、オーストラリアなどに展開しています。

 中国は当社のスマート製造拠点であり、本社であり、研究開発センターであり、マーケティングセンターでもあります。 当社は中国で最初に全バナジウム電池の研究開発と技術革新に取り組んだ企業の一つであり、全バナジウムフロー電池の分野で初めてレーザー溶接技術を導入し、現在3つ以上のハイブリッド密閉技術を使用し業界の課題である液漏れ問題を完全に解決し、中国の全バナジウムフロー電池業界全体の革新と発展を推進しております。

 欧州では、新エネルギー分野の経験豊富な専門家からなる現地販売チームを持ち、複数の販売ルートを開拓しています;

 その他の国や市場では、現地のパートナーや他の新エネルギーメーカーと戦略的な協力関係を築き、現地の市場を開拓しています。

 また、一帯一路(the Belt and Road)市場における国内企業との協力の機会も積極的に模索しています。

 

エナビズ:御社では、各地域での事業運営や管理をどのように調整されていますか?

アブトレイ社:

 グローバルな展開: アイバッテリー エナジー テクノロジー社は、さまざまな地域にまたがる事業運営と管理を調整するため、グローバルな展開を念頭に置いて設立されました。 最初の工場は中国の蘇州にあり、現在は蘇州の呉江に主要部門を置き、グローバルなサプライチェーンと目標の市場を管理しています。 また、ヨーロッパなどにも販売チームがあり、日本やアメリカでは現地のサービス・プロバイダーと緊密に連携しています。

 現地化された運営:国際化された企業やチームであったとしても、現地市場に参入するからには、現地市場の基準や技術要件に適合し、現地のユーザーに沿った設計、製品、技術の好みに近づいて、現地化されたアフターサービスチームを持つことが重要であると考えています。各国市場の消費者の心に真に入り込むことができ、現地での粘り強さと続的に現地で成長することができると考えております。

 国際化チーム:当社の中核チームは、多国籍のメンバーで構成されており、ほとんどが海外での留学や仕事の経験があり、またはバイリンガル能力を持っています。さらに、少数ですが、オランダ語やフランス語などのマイナーな言語能力を持つメンバーもいます。これにより、国境を越えたさまざまな国の市場、チーム、およびパートナーとの日常的なコミュニケーションが実現されています。

 差別化された製品設計:製品設計と技術選択の面では、現地の地形、気候、グリッド接続条件、消費者の嗜好などの違いに基づいて各国に適応した設計をしています。これにより地域ごとの地形、気候、グリッド(またはオフグリッド)の条件、投資家の嗜好などに適応できるよう努めています。

 

エナビズ:各地域の代表的なプロジェクトについて教えてください。

アブトレイ社:

 中国:大規模風力発電プロジェクトの配電・蓄電、系統側蓄電、産業・商業プロジェクトのピークシフト契約が主要なターゲット市場となっています。すでに大規模な国有中央企業と提携し、複数の地方政府(地方自治体)およびエネルギー企業と投資協定を結んでおり、2024年にはプロジェクトが続順次展開される予定です。

 ヨーロッパ:欧州市場の重点的な展開として、北欧市場を挙げると、当社は北欧を突破口として、欧州全体の市場に影響を与えたいと考えています。現在、当社はオランダの電力最適化企業と長期契約を締結し、最初の産業・商業用蓄電システムの販売契約も近日中に締結される予定です。 

 日本:我々はすでに日本市場の現地パートナーやサービスプロバイダーと協力を開始し、共同で日本市場での販路を拡大しております。 我々は日本の産業・商業面での全バナジウムフロー電池のビジネスチャンス拡大を期待しており、同時に、全バナジウム液流電池の本来の安全性により、我々の製品は住宅消費者にも安定した電力貯蔵製品とソリューションを提供できると考えております。

 

エナビズ:御社が日本市場に参入するきっかけと理由は何だったのでしょうか?

アブトレイ社:

 綿密な市場調査・分析を行った結果、日本は電気料金の高騰、電力供給の厳しさなどの状況に直面しており、同時に地震大国であるため、地震発生時には多くの電力供給設備が影響を受けることが判明しました。 世界的なエネルギー危機、日本の電力制限、「ダブルカーボン」の流れの中で、全バナジウムフロー電流エネルギー貯蔵製品は、重要な支援役割を果たすでしょう。市場とユーザーからの高い評価は、私たちに幅広いビジネス展開の機会を提供してくれると思います。

 日本の全国送電網は、実際には地域送電網が組み合わさったものであり、東部と西部地域の電力網は異なる周波数で運転されています。東部地域では50Hz、西部地域では60Hzという異なる周波数で運転されております。これらの地域送電網はほとんど相互接続されていないため、これらの送電網のバランスをとるための柔軟性が急務となっているのです。

 日本では再生可能エネルギーの廃棄が急増しております。電力網が混雑して太陽光発電設備や風力発電設備からのエネルギーを受け入れることができない場合、大量の電力を廃棄するしかないのです。 2023年上半期、日本の発電廃棄量はすでに前年同期の3倍に達しています。 再生可能エネルギー電力を必要な時に電力網に供給し、蓄電池システムを導入することで、この電力浪費の問題を軽減することができます。

 日本は気候変動と再生可能エネルギーの目標を発表しており、政府は2030年までに再生可能エネルギーによる発電がエネルギー構造全体の36~38%を占め、2050年までにネットゼロ排出を目指すとしています。 再生可能エネルギー発電の割合を高めるには、より多くのエネルギー貯蔵システムを導入する必要があります。

 日本にはすでに「エネルギー貯蔵技術に関する活気に満ちた先進的な地域蓄電技術エコシステム」があり、一部の企業は蓄電プロジェクトの展開に対応したエンジニアリングサービスなどを提供できます。

 我々の観点から言うと、我々のコアチームは日本市場における新エネルギー製品と技術においてすでに10年以上の経験を持っており、さらに日本市場の消費者は成熟したプロフェッショナルであり、日本の顧客にサービスを提供するプロセスは逆の意味での「企業教育」であることだと感じております。これにより、私たちは顧客の高水準の要求と直接つながることができ、それが常に私たちを改善し、急速に成長させる動機付けとなります。 これにより、私たちは顧客の高水準の要求を直接満たすことができるようになり、それが絶えず私たちの改善と急成長への原動力となります。

 私たちのバナジウム液体電池は、長期エネルギー貯蔵のために選択される技術であり、私たちの研究開発チームは、全バナジウムフロー電池の分野で10年間研究してきた「職人」チームです。一方、日本の消費者は、一旦認められたら時間をかけて発展できる市場であり、長期的に成長してゆく人々であるため、日本市場の選択は価値観の選択でもあるわけです。

 

エナビズ:日本市場に対するビジョンと目標は?

アブトレイ社:

 私たちの認識では、日本市場は米国市場、欧州市場と並ぶ3大重要市場の一つであると考えています。 このような認識には以下の主な理由があります:

 消費者の専門性と成熟度:前述のように、日本の新エネルギー消費者は、専門性と厳格さで知られております。 当社の全バナジウムフロー電池製品は、新しいエネルギー貯蔵技術として、長期的視野(特にプロジェクト全体のサイクルを考量した思考)で計画を立てることが出来る消費者、または初期段階で価格にあまり厳格でない消費者をターゲットにする必要がありますが、これはまさに日本の消費者が持っているものであると考えています。

 日本の市場と消費者は長期志向が強く、我々はこのような市場に進出することで、初期にいくつかの課題に直面するかもしれませんが、後には持続可能な成長と事業が実現できると考えています。

 

エナビズ:日本での主な製品と使用シーンについて教えてください。

アブトレイ社:

 日本市場では、初期段階では産業用および一部の家庭用蓄電需要に焦点を当てます。産業用では、現在、主に2つの製品を展開しています。1つ目は、一体型で高い統合度を持つプレハブ型の125KW/500KWhです。2つ目は、主に電力ネットワーク側をターゲットとした250KW/1000KWh、1500KWh、2000KWhの製品です(それぞれ4時間、6時間、8時間の充放電時間に対応)。家庭用蓄電は特定の用途で需要がありますが、現時点では一部の市場にのみ展開しています。

 

エナビズ:市場における御社のエネルギー貯蔵製品の優位性は何ですか?

アブトレイ社:

 まずは技術的な利点から申し上げましょう:

 より効率的:独自の導流技術+新型バイポーラプレートDC側(直流)変換効率>85%

 より安定した:独自のミックス密封技術により、液漏れや自己放電の問題を完全に解決します。

 より信頼性が高い:自社開発のBMS電解液循環システム、外部電源に頼らない自動リバランスブラックスタート技術。

 より包括的:単一及び混合酸電解液配合を持ち、電解液生産に関わることで産業チェーンの安定供給を確保し、システム的なコストを削減できます。

 軽量化・小型化:高出力密度の電気スタック設計+軽量化材料の使用により、設置・輸送コストを節約し、スペースをより効率的に活用できます。

 純粋な技術のDNA:アイバッテリーのコア技術チームは、バナジウム液体電池の発明者であるオーストラリア・ニューサウスウェールズ大学のマリア教授に師事しており、マリア教授の認可を受けた世界でも数少ない企業の一つなのです。

 製品価格が競争力を持ち、コスト パフォーマンスは中国の同業他社より優れています。

 専門化されたチーム:私たちのチームのほとんどは新エネルギー、電力、送電網業界で長年の経験を持っており、技術から製品、ソリューションまでも統合する能力を持っています。

 当社のスマート工場は蘇州に位置し、2つの国際貿易港に近く、上海から車で1時間の距離にあるため、国内外のお客様の工場視察、交渉、商品輸送にも便利です。

 

エナビズ: 御社は独自の研究開発チームをお持ちですか? そして研究開発の優先課題は何ですか? どのようなイノベーションがありますか?

アブトレイ社:

 弊社は現在、国内外の教授、博士、修士からなる10人近くの研究開発チームを擁しており、フロー電池、電池スタック、電池システムなどの主要材料の継続的な研究開発を実施しております。研究開発の成果は製品に応用され、製品の性能を向上させ、製品のアップグレードを促進すると同時に、製品のコストを削減し続けており、そしてエネルギー貯蔵技術のための新しいタイプの電池をも開発しているのです。

 電池スタック技術では、さまざまなシミュレーションモデルと実験データを組み合わせ、電池スタックのエネルギー効率、長期寿命、電解液利用などの総合的な指標を向上させることを重要な方向性として、電極、バイポーラプレート、イオン交換膜、電解液などの主材料の調製、改良、配合の研究開発を行い、また、電池スタックの封止補助材料の選択と加工、電池スタック部品との接続の研究開発を行っております。

 スタック技術の面では、各種シミュレーションモデルと実験データを組み合わせ、電気化学場、流体場、力場、熱場など複数の物理場と連動したスタックモデルを構築し、スタックの運転実績データにより常にモデルを修正することで、スタックの先端技術の研究開発を加速させています。 スタックランナー設計、スタック密封技術、スタック故障メカニズム解析、加速経年変化プロセスなどの総合的な研究開発を通じて、材料やエネルギー貯蔵システムの研究開発成果と組み合わせ、スタックの性能パラメータ(クーロン効率、電圧効率、電解液利用率、運転寿命など)を総合的に考慮し、さまざまな使用シナリオやニーズに適用できる高性能スタックを設計しています。

 電池システムに関しては、システム設計と運転管理戦略を最適化し、ビッグデータ分析とAIの組み合わせにより、システムアルゴリズムを継続的に反復更新し、システムの自己修復能力と自動化度を向上させ、さまざまな使用シーンに適用可能なスマートな蓄電池システムを構築しております。

 

エナビズ:御社の蓄電製品は、遠隔監視および制御をサポートしていますか?エネルギー管理のスマート機能はありますか?

アブトレイ社:

 私たちの最上位モデルの製品はすべて携帯電話のAPPとEMSエネルギー管理システムをサポートしています。また、蘇州工場は先進的なMESシステムとエネルギー管理システムを採用し、スマート生産を実現しています。

 

エナビズ:御社はエネルギー貯蔵製品の安全性と信頼性をどのように確保していますか?

アブトレイ社:

 これについては、自主検査と外部検査の2つの部分に分かれています。

 自主検査では、電池スタックの気密性検査、電池スタックの電気性能検査、システム性能検査を独自に実施しています。 同時に、国際的な試験機関と積極的に提携し、バナジウムフロー電池の共同試験室を設立することを検討しています。

 外部検査では、異なる国の検査基準に従い、第三者検査を行い、製品のすべての性能が現地の技術基準と応用基準に準拠していることを確認します。現在、欧米および日本の主要な製品認証機関と積極的に連絡を取っています。

 

エナビズ:御社のエネルギー貯蔵製品は、世界の市場でどのように売れていますか?

アブトレイ社:

 アブトレイ社は10年以上全バナジウムフロー電池技術の研究開発と技術革新の実績があり、現在は欧州での意向書の署名を完了し、近々最初の商業用注文を成立させる予定です。また、会社のパイプラインには、2024年に多くのプロジェクトが段階的に始まる予定ですので、皆様、当社の最新情報にご注目ください。

 

エナビズ:アフターサービスはどのように保証されていますか?

アブトレイ社:

 日本市場参入の初期段階において、私たちは日本国内の販売代理店や施工業者協力し、現地のお客様に信頼できるアフターサービスを提供しています。 すべてのお客様にプロフェッショナルで高品質なアフターサービスを提供できるよう、パートナーに専門的な技術トレーニングを提供しております。

 

エナビズ:新エネルギー市場の今後の発展の方向性について、どのようにお考えですか?

アブトレイ社:

 10年以上にわたる激動の発展を経て、新エネルギー市場は徐々に着実な発展を遂げる成長産業となりました。 世界が経験している気候変動であれ、地域紛争であれ、従来のエネルギー構造の制約から電力構造の転換を積極的に求める国の需要など、これらはすべて新エネルギーが発展を続けるための重要なエンジンであり、現実的な基盤であると考えます。 市場によっては、新エネルギーが、火力発電のような伝統的なエネルギー源と積極的に補完的な統合を形成しているところあります。 そして、さまざまな新エネルギー源もまた、絶えず互いに融合しています。そのため、複数の新エネルギーを組み合わせることで、単一のエネルギー源の限界をほぼ解決し、その利点を最大限に活かすことができるかもしれません。 当社の全バナジウムフロー電池エネルギー貯蔵技術を例にとると、全バナジウムフロー電池は安全性が高い、超長寿命を有し、残存価値保持率が高いという非常に優秀な利点がありますが、初期投資が高くなるなど技術的な限界もあり、他のエネルギー貯蔵技術と組み合わせて使用するのも良い選択だと考えています。

 

エナビズ:御社は新エネルギー市場の変化や不確実性にどのように対応していますか?

アブトレイ社:

 私たちは、過去10年ほどとは異なり、新エネルギーは事実上安定し、上向きに発展する産業になってきたと考えております。 しかし、開発における地域的な不安定性や、国家間の政治的、経済的な貿易の不安定性、一部の市場における政策の不確実性などは否定できません。 私たちにとって新エネルギー市場の変化と不確実性に対処するための重要な方法と手段は、グローバル市場を積極的に展開し、上記のリスクに対抗できる市場と収益のポートフォリオ、横断的および縦断的な製品組み合わせ、革新的なビジネスモデルの組み合わせを作ることです。

 

アブトレイ・エナジー・テクノロジー(蘇州)有限公司についてさらに詳しく知りたい場合は、公式ウェブサイトをご覧ください。

公式ウェブサイト:https://www.i-battery.com/jp

 

 


コメントは下部に表示されます



コメントを投稿するにはログインしてください。 ログイン