再生可能エネルギー情報マガジン

再生可能エネルギー情報マガジン
太陽光

西、PV発電量初削減、エネルギー貯蔵技術の重要性

2022年08月29日   7610

西、PV発電量初削減、エネルギー貯蔵技術の重要性

 外国メディア報道によると、スペインで、4月17日に13.5GWの太陽光発電が行われ、電力需要の62.5%を満たしたとのことだ。太陽光発電の発電量が電力需要を上回ったため、スペインは初めて太陽光発電量を減らした。2015年以降、再生可能エネルギー発電は調整メカニズムの影響を受け、主に風力発電の軽減が進んでいたが、今回初めて、太陽光発電量の軽減を行った。

 

 4月17日の14時50分から16時00分の間のPV発電量曲線を見ると、14時40分に記録した10,710MWhから15時50分には9,689MWhへと低下している。一部のPV生産者はソーシャルメディアで、スペイン送電網運営会社レッド・エレクトリカ・デ・エスパーニャ (Red Eléctrica de España.REE)から発電量削減を求められたと述べた。

 

 この仕組みがどのように作動するのかについての説明によれば、「REEは主に電力系統の運用をリアルタイムで監視し、発電需要のバランスを取る。 4月17日のように電力需要が少なく、発電量が計画より多いことを検知すると、既存の規制機構が作動し、それでも足りない場合は発電設備の切り離しや発電量の削減が行われる」とのことだ。

 

 スペインのエネルギー予測サービス会社AleaSoftのデータによると、スペインの電力卸売価格は168.50ユーロ(182米ドル)/MWhから3.70ユーロ/MWhに下がった。また、同社広報担当者は、「PVの発電量カットが4月17日に発生した時、大量の再生可能エネルギーが放棄された」こと、また、予測メカニズムの失敗についても述べた。需要と発電の予測がうまくいけば、再生可能エネルギーをよりよく活用し、適切な時期に利用するための調整メカニズムが整うかもしれない。

 

 米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL)が最近発表した研究によると、PVの放棄を完全に防ぐ規制は、系統運用者がPVシステムを補助サービスに利用する能力を制限する結果になりかねない。研究によると、PV発電事業者が発電量を抑制した場合の補償政策もあれば、抑制した場合は系統接続を禁止すると規定した相互接続政策もある。同所の報告書である「PV放棄の世界動向」で、ドイツ、チリ、米国、中国の4つ成熟したPV市場がPV放棄にどのように対処しているかを分析している。これらの国々が2018年に放棄したPVは6,500GWhで、世界のPV総発電量の約1%を占めていることが分かった。

 

 AleaSoftは、電力系統におけるエネルギー貯蔵技術の機会と役割は、今後ますます重要になると述べた。スペインの電力市場は、100ユーロ/MWhの価格差が比較的一般的になってきており、蓄電の導入機会を増やすことができるだろう。また、蓄電システムは、バランスの取れた電力系統のニーズに迅速に対応できるサービスを提供することが重要となるだろう。

 

(記者 山本 圭輔 編集 高橋 淳 校閲 石井 美香)

 


コメントを表示または投稿するにはログインしてください。 ログイン